【車の知識】タイヤの空気圧見てる?空気圧の重要性

タイヤの空気圧チェックは大事です!

ほぼ毎日車に乗るという人も少なくないこの車社会。安心、安全に車に乗る為にはメンテナンスは欠かせません

中でも車を支え、スムーズに転がす為の重要な一部としてタイヤがありますが、このタイヤのメンテナンスも意外とシビアにチェックした方が色々とメリットになったり、デメリットを回避できたりします!

本日はタイヤの空気圧のお話をさせて頂きたいと思います。


空気圧をどうすればいい?

タイヤの空気圧と言いましてもただただ空気がいっぱい入っていればO.Kと思っている方は間違えた知識です。

車の重さなどによりタイヤの接地面積など車種によって様々ですので、その車にあった適正量を充填する必要があります。

大体の車に運転席のドアを開けた所にこの様なステッカーが貼ってありますので基準値に合わせて空気圧を調整してください。


空気圧が高すぎると?

空気が沢山入ってた方が良さそうな気はしますが、タイヤの寿命を極端に短くしてしまう可能性が高まります。

空気圧が高ければ高いほどタイヤが潰れづらくタイヤと路面の接地面が中心部のみになってしまいます。

ハンドル操作が軽くなり、燃費も若干上がりますが、その反面接地面積が狭くなる分制動時に車が止まりづらくなってしまいます。

また、タイヤ中心部の摩耗が著しく進行してしまいます。


空気圧が低すぎると?

こちらもまたタイヤの寿命を短くしてしまったり、走行に支障が出たりデメリットが多いです。

タイヤが路面に対して接地しすぎる為、ハンドル操作が重く、燃費が悪くなる原因になります。また、ハンドルが取られたり高速走行時に危険を伴いかねない。

空気圧が高い状態に比べて、タイヤが潰れやすく、タイヤの端が極端に摩耗する原因になります。

したがって、その車にあった丁度いい空気圧に保つ事が大切なのです。


パンクなどしてないのに空気って減るの?

タイヤの空気は何もしていなくても微量ですが減って行きます。

タイヤはゴムでできていて、空気はゴムを通り抜けて少しづつ減少していくのです。

1ヶ月に1度まではいきませんが、2〜3ヶ月に一度でもガソリンスタンドで給油をしたついでに空気圧の点検もついでにお願いしてみてはいかがでしょうか?

空気圧チェックで料金がかかる所はありませんので!


まとめ

空気圧のチェックは定期的に!

燃費にも大きく影響しますし、調整を怠る事で、タイヤを購入しなければならい状況になるのも勿体ないです。

また、高速道路などを利用する前には出来るだけチェックする様にしましょう!

先ほども言いましたが無料でチェックしてもらえるので!

安心、安全なカーライフを送りましょう

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました