【車の知識】10万キロでタイミングベルトを交換しないと切れるの?

どうも、かもじろうです!

本日はよく聞かれる疑問と真相を簡単に答えます

タイミングベルトについてのお話です

正直タイミングベルトは今じゃ古いお話になってしまいますが、まだまだ既存しているものなのでお話ししておきます

タイミングベルトとは?

まず、タイミングベルトって何?って事で簡単に説明します

タイミングベルトとは、エンジンを回すために必要なサイクルのタイミングを一定に保つために用いられている車の部品の1つです

エンジンは吸入→圧縮→燃焼→排気というサイクルの繰り返しで回っています

吸入工程で空気を取り入れ、圧縮工程で燃料と空気を圧縮し、燃焼工程で圧縮された燃料と空気に着火し爆発させ、排気工程で爆発したガスをエンジン外に出す(マフラーを経由していわゆる排気ガスとして外に出す)これがエンジンのサイクルです!

その4つの工程のタイミングをバッチリに管理しているのがタイミングベルトだと思ってください

最近ではタイミングベルトを使っている車も少なくなってきてます

昔はベルトではなくタイミングチェーンが主流だったんですが、最近はほとんどの車がベルトからチェーンに変わって来ています

交換しないと切れるの?

タイミングベルトは切れるか切れないかは正直わかりません

僕の経験上、タイミングベルト自体の劣化でベルトが切れたという事例はありません

大体の切れる原因は、エンジンオイルのメンテナンス不良によるエンジンの焼きつき、タイミングベルト付近のオイル漏れや水漏れによりベルトに付着しベルトが弱り切れる、タイミングベルトの張りを保つ為のテンショナープーリーやアイドラプーリーの不具合など外的要因で切れる事が多い

実際は外的要因が無ければ20万キロ走っても切れなそうですけどね!

タイミングベルト交換も大事ですが、エンジンオイルの交換やその他付随する部品の交換も重要だと言う事です

タイミングベルトは切れないようにする為に交換するという考え方が正しいかと思います

趣味なんかで古い車に乗る方は走行距離など関係なく交換をしておいた方がいいでしょう!

タイミングベルトが切れてしまうとエンジンは止まってしまいます

すなわち走行不能となってしまい、余計なレッカー費用や修理代がかかるという事です

車種によってはエンジン本体をダメにしてしまうものもありかなりの出費となってしまう事あります

ディーゼルエンジンは要注意ですよ!

交換費用は?

一般的に25000円〜50000円くらいが目安となりますが、修理工場や車の車種によって変わってきます

部品自体は数千円だったりしますが、作業的に結構大変だったりしますので工賃として高額な費用になってしまうのは仕方ないと思います

ベルトが切れて何十万円の出費を考えたら安いもんですね!

作業時間もかかるので100000kmと言わずタイミングを見て車検の際に同時にやってもらうのがベストではないでしょうか?

最後に

車に乗る為には安心安全快適に維持する必要があります

出費は大きいですが、それを怠る事により抑えられるリスクは抑えておく必要性は大きいです

何か起きてからでは遅いのでもう一度ご自身の愛車のタイミングベルトについて確認してみるとよろしいかと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました