【車の知識】よくある不具合と原因〜キュルキュル音〜

どうも、かもじろうでございます。

皆さま車を使用してる際に突然キュルキュルキュルキュル〜て音がした事は有りませんか?

中にはキュルキュルキュルキュル、ギャーーーーッとひどい音を発する事があるこの症状。

何もわからない方なら当然「え?何?壊れた!」と思う事でしょう。

本日はあのかん高いキュルキュルギャーーーーッ音についてお話しいたします!

結構スゴイ音だけど?

そうです、結構スゴイ音がするのでビックリします。

先に答えを言いますと、原因はエンジン廻りに使われているファンベルトというものが主に音の発生をさせています。

この症状は「ベルト鳴き」と呼ばれる症状で、僕の経験上特に軽自動車に多い症状です。

 

ファンベルトとは?

ファンベルトとはエンジンの動力を利用してオルタネーター(充電装置)やエンジンのウォーターポンプやクーリングファン(冷却装置)を駆動する役割をしているベルトの事です。そのほか同じくエンジンの動力を利用して回してる、パワーステアリングポンプやエアーコンプレッサーにもベルトは使われています。

最近、ハイブリッドカーや電気自動車では電気駆動による為ファンベルトが付いていない車も増えてきています。

なぜ鳴るの?

ベルトが鳴る原因は何パターンかあります。

  • ベルトがゆるい
  • ベルトが古い
  • 補機類の不具合

大体の原因は上記の3つによるものです

・ベルトがゆるい

ベルト類には車により適正な張力が決められています。適正値よりゆるい状態でエンジンが回るとベルトがスリップしてしまいあのような不快な音が発生してしまうのです。ゆるければ緩いほど音はギャーーーーッとなります。

・ベルトがかたい

ベルトの張力は問題ないがベルト自体の劣化などによりかたくなってしまいグリップ力の低下からベルトがスリップしてしまい音が発生します。かたければかたいほど音はギャーーーーッとなります。

・補機類の不具合

オルタネーターやパワーステアリングポンプ、エアコンプレッサーの補機類側にプーリーのロック(故障)などが発生した場合エンジンの動力で無理に回されてしまうとギャーーーーッと音がします。この場合ベルトがちぎれてしまい走行不能になるケースが多いです。

他にも、雨天時や寒い時には雨水によるスリップや寒さによりベルトがかたくなりスリップという場合もあります。

乗ってても大丈夫?

適正な状態ではないので乗ってても大丈夫とは言い切れません。

ベルト鳴きが発生しているという事は補機類を適正に回せていないという事です。

充電装置が正規に充電が行われないとバッテリー上がりの原因になります。

ウォータポンプが適正に回れなければオーバーヒートを起こす可能性があります。

エアコン、パワステも同様正規の効力を発生出来なくなります。

ほっておいていい事は無いと思いますので早めに車屋さんに点検整備をお願いしましょう。ベルトが緩ければ調整、ベルトがかたければ交換という流れになるでしょう。

調整だと、1000円〜3000円位

交換ですと、5000円〜10000円位の費用がかかると思います!

 

余談ですが、ス○キの軽自動車はよく鳴りますねぇ〜ベルトを新品に変えても鳴りますねぇ〜新車納車後数ヶ月でも鳴るやつなりますねぇ〜

なんか対策キットみたいなモン売ってるみたいですけど鳴りますねぇ〜

最後に

車に違和感を感じた時はほとんどが正常ではありません。気になったら直ぐに最寄りの車屋さんで点検しましょう!

安全第一ですよ〜

 

無料一括査定 初めての車買取 1番高く売る方法と登録から売却までの流れ
車の売却をご検討の皆様、少しでも高く売却したいと思いませんか? なんだか怪しい登場ではありますが決して怪しい者では御座いませんw 1万円高ければ、家族と美味しいものが食べられます! 5万円高ければ、彼女と温泉旅行位は行けます!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました